image

Blog

衆議院選挙における比例代表制とドント式

久々の投稿になります。 バタバタしていたので億劫になり、なかなかブログに手が回りませんでした。 さて、現在日本では「衆議院選挙」の真っ最中です。 今回からは18歳以上の国民も選挙権が与えられます。 個人的には、高齢化社会のなかで高齢有権者の増大の中、若い世代の声も発揮されてよい事と思います。 さて日本の衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」というものをとります。 これを分かりやすくまとめましょう。 まず「小選挙区」での選挙です。 現在、日本では「小選挙区289区」があります。 この選挙区から「最多得票者1人だけ」が選ばれるものです。 結果289人が選ばれるわけですね。 これは分かりやすいですね。   ではもう一つの「比例代表制」 これがなかなか分かりづらいと思われますが、個人的にはこちらの方が重要視しています。 日本全国を11のブロックに分け、あらかじめ各政党から提出された「比例代表名簿」に従って、得票の多い「政党」から順に名簿上位者が当選する、という制度です。 さらにその選別は「ドント式」という計算式によって行われます。   なぜ私が「小選挙区」より「比例代表」を重視しているかというと、これこそ「民主主義」の結果が反映されると思っているからです。 以前、ある選挙の後ツイッターでこういう呟きがありました。 「大政党の候補者が10万票得票で比例代表当選、小政党の候補者が17万票で落選、これが民主主義なのか? 比例代表は『大政党優位』にできている!!」 という17万票を得た小政党候補者のサポーターの怒りの呟きでした。 これは、個人的に言うと「全く選挙と、制度が分かっていない」という残念な呟きでした。 日本には多くの政党がありますが、すべての選挙区に候補を擁立できる政党はほとんどありません。 なぜなら候補者擁立の手間もお金もかかるから。 皆さんの選挙区では、すべての政党が候補者を立てていますでしょうか? そうではありませんね。 もうお判りでしょうが、この「小選挙区制」こそが、「大政党有利」な制度です。 地元の立候補者以外の選択肢がありません。 小選挙区で落選した議員への投票は、「極端にいうと、すべて死票」です。 その時の投票がまったく国政に反映しません(厳密に言うと『惜敗率』での比例当選復活というのもありますが、ここは小選挙区制の話なので)   そこを補うのが「政党に投票する比例代表制」です。 地元の選挙区に候補者を出していない政党(出すことができない小政党)に対しても投票でき、票が積みあがった順に当選しますので、「死票」が出ないです。 あなたの投票が、「票が積みあがる原石」になります。 小政党では、小選挙区制だけでは正直な話「淘汰」されてしまう可能性が高く、ゆくゆくは「政党消滅」になりかねません。 しかしこの「比例代表制」によって、少数意見も取り上げられる「民意を反映した結果」が出ます。 少数意見による小政党の存在も「民意」であるわけです。 さて話が長くなりましたが、比例代表制をさらに分かりづらくしている「名簿」と「ドント式」の謎。 まず「衆議院議院選挙」だけの話をしますと、厳密にいうと「拘束名簿式比例代表選挙」になります。 予め、各政党から「比例代表名簿」というものが提出され、政党への投票結果により順に投票になります。 この「名簿の順位」ですが、各政党によって決められます。 絶対落としたくない候補者 政党に貢献している候補者(選挙中、自分の選挙を差し置いて応援周りをしている候補者など) が上位に載ることが多いようです。 また「比例代表の一位が複数人」という場合、意味が分かりませんが、これこそ上記に上げた「惜敗率(小選挙区当選者に対して落選したものの、当選者の得た票数に対して、自身が何パーセントを取ったか)」が反映されて、高い人が当選します。 そして比例代表制で議席を公平配分するための「ドント式」 これがなかなか良く考えられた数学式です。 分かりやすく言うと下記のとおりです。 各党の得票数を,1,2,3,…nで割り,割った数の多い順で当選者を決めていく。 例えば「定数6」、「A党200票」「B党100票」「C党55票」という選挙結果になったとします。 その場合、まず「A党180票」「B党100票」「C党55票」を「1」で割ります。すると「①A党180」「②B党100」「③C党55」になります。 次に「A党180票」「B党100票」「C党55票」を「2」で割ります。すると「④A党90」「⑤B党50」「⑥C党27.5」になります。 次に「A党180票」「B党100票」「C党55票」を「3」で割ります。すると「⑦A党60」「⑧B党33.3…」「⑨C党18.3…」になります。 ここで①~⑨の「各整数で割った数」を確認ください。上位6つは順に①180(A党)、②100(B党)、③90(A党)、⑦60(A党)、③55(C党)、⑤50(B党)となります。結果、この選挙ではA党3名、B党2名、C党1名が当選するわけです。 この計算式は、「得票数の多い政党にも少ない政党にも、比較的公平に議席が割り当てられる」として、活用されています。 こういった背景を考えながら、しっかり検討し「投票権を有効に」使ってほしいですね

引退後のアメリカ大統領

2017年1月12日 アメリカ現地時間1月20日に、いよいよドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領の座に就きます。 大統領就任式は慣例的に、アメリカ連邦議会で行われ、1日のうちに「大統領および副大統領就任式」「演説」「ホワイトハウスまでのパレード」「晩さん会」などの日程で行われます。 就任式では、正午12時に「大統領宣誓」が行われるように時間調整され、副大統領就任式は大統領就任式の前に行い祝砲も挙げられますが、厳格に言うと、この12時の大統領祝砲と共に副大統領も権限移譲になります。   さて知られていない事ですが、この就任式で権限移譲した元大統領 これからどのようになるかというのですが、これもある程度慣例で決まっています。 まず元大統領であっても、存命中は「大統領(Mr.President)」と尊称、生涯「大統領」として接遇されます。 ですので、トランプ大統領が誕生したとしても、アメリカ大統領はカーター、ブッシュ父、クリントン、ブッシュ子、オバマと6人存在することになります。 また元大統領は、国家特別公務員として国から年間約20万ドルの年金と医療保険、公務出張費、個人事務所が提供されます。 そして具体的にどういった仕事をするのか? クリントン元大統領のように、講演に精を出し奥様の選挙資金を捻出している人もいますが、だいたいが「自伝」そして「大統領図書館の建設および管理」になります。 「自伝」は文字通り、自身の大統領就任以来の「裏話」も多く、大概ベストセラーになります。 ブッシュ前大統領の時は「9.11テロからイラク戦争」に向けていろいろなことが目白押しでしたので、読みごたえはありました。 クリントン元大統領は、やはり「モニカ・ルインスキー事件」が本人から語られることもあり、やはりベスト・セラーです。   比較的事件などが多くなかったオバマ大統領の自伝ですが、やはりこのままいくとハイライトになるのは「オサマ・ビンラディン殺害作戦」だと思われ、それに次いで「キューバ国交回復、広島訪問」あたりかと思われます。   また日本人にはあまり知られていませんが、「自伝」以上に大きな事業となるのが「大統領図書館建設および管理」になります。 「大統領図書館」という名前ですが、現実には図書館というより「博物館」になっており、該当大統領の任期中の様々な資料が保管されています。 例えば、大統領執務室、いわゆるオーバルオフィスなどは現在ホワイトハウスの見学がアメリカ議員の紹介のみで訪れることができる中で、レプリカを見れるのはそれぞれの大統領図書館しかないと思われます。 オーバルオフィスは、その机から調度品、カーペットに至るまで大統領個々でデザインを決めており、それぞれの大統領図書館でそれを見るのも良いでしょう。 また場所ですが、大統領にゆかりのある場所が選ばれ、今回のオバマ大統領はシカゴに決定しています。 ハワイ州初の大統領の為、ハワイでの建設の可能性もありましたが、オバマ大統領の青春時代、またミッシェル夫人との出会いなど様々な思い出があるシカゴに決定したそうです。 大体の場合は、大統領が亡くなると「国葬」になり、その大統領図書館の敷地に埋葬されるのが常になります。   さて、もうひとつ元大統領の名誉に預かれるものとして、アメリカ軍の戦艦などに自分の名前が付くことも多いです。 これはアメリカ大統領が国の元首であるとともに、アメリカ軍最高司令官であることも由来しています。 よく「戦艦ロナルド・レーガン」や「ジョージ・ワシントン」などが有名ですね。 ジミーカーターも原子力潜水艦の名前になっています。   スキャンダルの多かった大統領は避けられる傾向もあり、まだ「クリントン」という名前は使われておりません。 おそらく平穏無事に任期を満了するオバマ大統領は、なにかしらの戦艦に「バラク・オバマ」とつくでしょう。   どちらにせよ、大統領は日本の総理大臣とは国の元首として就任するので格が違います。   その格に、今回ドナルド・トランプ氏がどのように振る舞うかも見ものですね。