image

ハンバーガー発祥の地のハンバーガー

images

マクドナルドが、今までで最も高い価格帯のハンバーガー「520~570円(地域による値段差あり)」を打ち出したそうです。

かつてもっとも安い時に、ハンバーガーは「100円」でした。

もちろん内容は違えど、なんとその時の5倍の値段

個人的には「マクドナルド」や「ユニクロ」は「安い、安い」というイメージ戦略を植え付けておいてから、徐々に値段が高くなっており、ライバル店の値下げと共に最近はそこまで「安くて良い」というイメージも消えつつあります

さてその「520~570円(地域による値段差あり)」という価格帯のハンバーガー。

これなら払ってもよい、という店があります。

それがアメリカ、コネチカット州にある「ルイーズ・ランチ」のオリジナルハンバーガー

5ドル以上だったと思いますので、価格帯はほとんど一緒。

何の違いがあるか?

実はここのハンバーガーは諸説ある「ハンバーガー発祥の地」の一つなのです。

本当にシンプルな食パンに挟んだハンバーガー。

しかし写真を見て頂いてもわかるように、そこはアメリカ。

しっかりとしたお肉が自己主張をして本当に美味しそうです。

コネチカット州ニューヘイブンというと、ほとんど観光地もなく、なかなか日本人が訪れる機会のある場所ではありませんが、こういった「付加価値のあるハンバーガー」なら食べてみたいところでしょう。